アプローチのゴルフスイングの練習法

アプローチといっても、通常のゴルフスイングと同じですね。
身体の回転でボールを打っていきます。
グリーンまでの距離が短いと、
初心者のうちは手先だけでクラブを振ってしまいがちです。

距離の短いゴルフスイングでも通常のスイングの弧を小さくしたものと
覚えておきましょう。
これがコツかもしれませんね。

アプローチでは身体も回転するし、体重移動も必要なんです。
手先だけのアプローチであればフェースの向きも狂いやすいです。
それだけでなく、距離も不安定になります。

アプローチでのゴルフスイングの練習法

どのような練習をアプローチでのゴルフスイングを習得するために
行えばよいのでしょうか。
アプローチでボディーターンの感覚を習得したいものです。

そのためには、左わきにタオルを挟んでボールを打ってみましょう。
左わきが開いてタオルが落ちてしまうなら
小手先でのアプローチショットということになります。

タオルが落ちてしまうのは、バックスイングをインサイドに引くと
左わきが開いてしまうからです。
また、フィニッシュで左わきが開くとクラブの方向性にばらつきが生じます。

その結果ボールの方向性も安定しません。
左わきのタオルを落とさないようにクラブを振ることができればいいですね。
身体と腕が連動して動いているということになります。

左わきをしめて身体の回転でボールが打てるとフィニッシュでシャフトが
自分の「へそ」を指していると思います。
小さなゴルフスイングでも身体と腕を連動させたいものです。

そうすれば、方向性と距離感は確実によくなります。
タオルが無い場合はヘッドカバーでも良いですね。
ゴルフ練習場で試してみたらいかがでしょうか。

飛距離が伸びない悩みを解決する方法

ゴルフでは飛距離を伸ばせるかがポイントになります。
それでは飛距離を伸ばすためには、何が必要になるのでしょうか。
すぐに頭に浮かぶのがヘッドスピードですね。

たしかに、そうでしょう。
多くのゴルフの本にはヘッドスピードのことが
書かれていますね。

しかし、飛距離はでたが、まっすぐ飛ばなくなるという違う悩みが
でてきてしまいました。
やはり飛距離も遠くまでとばすことができて、

さらにまっすぐ飛ばすことやねらった場所へボールを
コントロールすることができるたらと思いませんか?
きちんとしたスイングができれば解決です。

それで飛距離は自然と伸びます。
また曲がって行ってしまう人も多いでしょう。
まっすぐ飛ばせることができれば、飛距離はそれだけ伸びていきます。

スイングが安定性が大事です。
安定性があれば、ドライバーも何も考えなくて良くなります。
基本さえ身につければ大丈夫です。

毎回同じボールを打てることになります。
その日の体調で調子が良かったり悪かったりすることはありますね。
しかし、自分のスイングが同じでないと、飛距離も安定性もばらばらです。

たまにではなく毎回同じボールが打てるようにしたい物ですね。
そのためにはどうすれば良いのでしょうか。
フォームの基本をきちんと覚える、ということです。

これが一番重要ですね。
色々な物を買い替えるよりも、フォームの基本を身につけることを優先しましょう。
では、具体的に何をすればよいのでしょうか。

自分でフォームを身につける事は出来ない物でしょうか。
その方法はあります。


>>その方法はこちらから

スイングを改善するには正しいグリップの握り方で

ゴルフをするうえではグリップの握り方はとても重要ですね。
グリップの握り方ひとつで、飛距離も変わります。
さらに、ボールが曲がらないようにすることもできます。

しかし、基本的グリップの握り方がきていない人も多くいます。
グリップは全身の力をクラブに伝えてくれますね。きちんと握れば
それなりの納得いくようにボールは飛んで行きます。

せっかくスイングが正しくても、グリップの握り方ひとつで残念な
結果になってしまいます。
さらに、ミスショットが増えてしまったりします。

そうならないためには、グリップの正しい握り方を覚えましょう。
左右の手できちんとした握り方をすれば、体のパワーがクラブに
伝わります。

自然と飛距離をアップすることができますね。
もちろん、それだけではなく曲がらないようにしていくこともできます。
更なる飛距離アップが期待できます。

まずは基本である正しいグリップの握り方を覚えたいものです。